iPad(アイパッド) iPad Airの高価買取

お申込み

iPad Airの買取ITEM INFORMATION

iPad Airを売るべき5つの理由~買ってから後悔しないために iPad Air

2020年11月20日 買取金額:68,000円

iPad Air

iPad Airを売るべき5つの理由~買ってから後悔しないために

 

このページではiPad Airの素晴らしい点と、ダメな点をまとめました。

iPad Airをもうすでに手に入れた方やこれから買おうとする方、もう買取に出そうとしている方のために情報を整理していきます。

 

iPad Air
iPad Air

iPad Air第4世代についてのおさらい

 

第4世代と呼ばれるNew iPad Airは2020年10月23日に発売されました。

おそらく今回のバージョンアップは期待された方も多いことでしょう。

 

特徴としてはカラーバリエーションが増えたこと、Magic Keyboard
Smart Keyboard Folioに対応したこと、背面カメラが12メガピクセルでf1.8の明るい広角レンズになったこと、手振れ補正を搭載したこと、充電コネクタがライトニングからUSB Type-C(USB-C)になったこと!など様々なマイナーチェンジが施されました。

 

Wi-Fi+セルラーモデルでは256MBのストレージで94,800円となかなか高額になってきましたが、非常に熟成された使用感と痒い所に手が届くブラッシュアップで発売日に購入した方も多いことでしょう。

 

iPad Air
iPad Air

iPad Air第4世代とiPad Air第3世代の違い

 

  iPad Air
第4世代
iPad Air
第3世代
ディスプレイ 10.9インチ
Liquid Retina
2,360 x 1,640
264ppi
最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
TrueTone
10.5インチ
Retina
2,224 x 1,668
264ppi
最大輝度500ニト
耐指紋性撥油コーティング
フルラミネーション
反射防止コーティング
広色域(P3)
TrueTone
チップ ニューラルエンジン搭載
A14 Bionic
ニューラルエンジン搭載
A12 Bionic
Apple Pencil 第2世代 第1世代
iPadキーボード Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Smart Keyboard
本体カラー シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー
シルバー
スペースグレイ
ゴールド
本体サイズ 高さ 247.6mm
幅 178.5 mm
厚さ 6.1 mm
高さ 250.6mm
幅 174.1 mm
厚さ 6.1 mm
重さ Wi-Fi:458 g
Wi-Fi+Cellular:460 g
Wi-Fi:456 g
Wi-Fi+Cellular:464 g
Touch ID
(指紋認証)
トップボタンに内蔵 ホームボタンに内蔵
前面カメラ 7メガピクセル
Live Photos
Retina Flash
7メガピクセル
Live Photos
Retina Flash
背面カメラ 12メガピクセル広角
f1.8
手ぶれ補正Live Photos
4Kビデオ(24, 30, 60fps)
1080pスローモーション(120, 240fps)
8メガピクセル広角
f2.4
Live Photos
1080p HDビデオ(30fps)
720pスローモーション(120fps)
オーディオ 2スピーカー(横向き) 2スピーカー
携帯電話/
ワイヤレス
通信方式
共通:
Wi‑Fi 6(802.11a/b/g/n/ac/ax)
2.4GHz/5GHz
同時デュアルバンド
最大1.2Gbpsの速度
MIMO
Bluetooth 5.0

Wi-Fi+Cellularモデル:
GSM/EDGE
UMTS/HSPA/​HSPA+/​DC‑HSDPA
ギガビット級LTE(最大30バンド)
内蔵GPS/GNSS

共通:
Wi-Fi(802.11a/b/g/n/ac)
2.4GHz/5GHz
同時デュアルバンド
最大866Mbpsの速度
MIMO
Bluetooth 5.0

Wi-Fi+Cellularモデル:
GSM/EDGE
UMTS/HSPA/​HSPA+/​DC‑HSDPA
ギガビット級LTE(最大28バンド)
内蔵GPS/GNSS

Apple Pay 対応 対応
LiDARスキャナ
SIMカード nano-SIM
(Apple SIMに対応)
eSIM
nano-SIM
(Apple SIMに対応)
eSIM
コネクタ USB Type-C(USB-C)
Smart Connector
Lightning
Smart Connector
バッテリー
駆動時間
Wi-Fiでのネット利用、ビデオ再生:最大10時間
モバイル通信でのネット利用:最大9時間
Wi-Fiでのネット利用、ビデオ再生:最大10時間
モバイル通信でのネット利用:最大9時間
ストレージ容量 64GB、256GB 64GB、256GB
価格
(税別)
Wi-Fiモデル
64GB 62,800円
256GB 79,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 77,800円
256GB 94,800円

Wi-Fiモデル
64GB 54,800円
256GB 71,800円

Wi-Fi + Cellularモデル
64GB 69,800円
256GB 86,800円

iPad Air
iPad Air

カラーバリエーションとバージョン

シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
グリーン
スカイブルー

 

 

iPad Air
iPad Air

 

他のiPad シリーズとの比較

 

 
iPad Air(第4世代)

iPad Air(第4世代)
Apple iPad Pro - 11 inch (Latest Model)

Apple iPad Pro – 11 inch (Latest Model)
Apple iPad Pro - 12.9 inch (Latest Model)

Apple iPad Pro – 12.9 inch (Latest Model)
価格 ¥69,080 から ¥93,280 から ¥115,280 から
評価 5つ星のうち4.3 (55) 5つ星のうち4.6 (587) 5つ星のうち4.7 (235)
ディスプレイ 10.9インチ Liquid Retinaディスプレイ True Tone 11インチ Retinaディスプレイ 12.9インチ Retinaディスプレイ
セキュア認証 Face ID Face ID Face ID
チップ “Neural Engineを搭載した A14 Bionicチップ” “Neural Engineを搭載した A12Z Bionicチップ” “Neural Engineを搭載した A12Z Bionicチップ”
カメラ 12メガピクセルの写真 12メガピクセルの写真 12メガピクセルの写真
ビデオ撮影 4K HDビデオ撮影 4K HDビデオ撮影 4K HDビデオ撮影
対応するApple Pencil Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil(第2世代)
対応するキーボード “Magic Keyboard, Smart Keyboard Folio とBluetoothキーボード” “Magic Keyboard, Smart Keyboard Folio とBluetoothキーボード” “Magic Keyboard, Smart Keyboard Folio とBluetoothキーボード”
コネクタ USB-Cコネクタ USB-Cコネクタ USB-Cコネクタ
iPad Air
iPad Air
 

買取お申込はこちら
買取お申込はこちら
Apple Pencil
Apple Pencil

買ってみてよかったこと5選

Touch ID
Touch ID

1.Touch IDが再度のトップボタンに埋め込まれていること

これは使ってみて本当に便利です。長ぼそいボタンになかにTouchIDが埋め込めるならiPhone12PROでも搭載してほしかったと思うはずです。スマートなデザインが生かされるので使えば誰しも気になるはずです。

2.A14 Bionicのニューラルエンジン搭載により快適処理

新しいこのエンジンは画面の切り替えや動画の表示、複雑な演算もストレスなくこなします。

いわゆる「にゅるにゅる動く」感じがとても気持ちいいです。これだけでも最新iPad Airにしてよかったと思えるほどです。

3.コネクタがUSB Type-C(USB-C)になったこと

これは素晴らしい!USB-Cになったことで拡張性と汎用性が一気に上がりましたね。大外面TVやプロジェクターに接続したり、様々なUSBデバイスにつなげるのでビジネス用途では活躍することが期待できます。

4.カラーバリエーションが増えたこと

ストイックにシルバーとスペースグレイがすきなアップルですが今回は鮮やかな色を持ってきましたね。特にグリーンやスカイブルーなどは今までにない色で男性にも人気があるそうです。

個人的にはリセールバリューを考えてシルバーにしちゃいましたけど、本音を言えばローズゴールドが良かったです。

5.10.9インチLiquid Retinaがとにかく綺麗

わずかですがサイズが大きくなってLiquid Retinaディスプレイになったので映像がきれいです。動画や写真に立体感も感じられるようになりました。

 

Apple Pencil	第2世代
Apple Pencil 第2世代

使ってみて残念なところ5点

1.エクセルが使えない

マイクロソフト製品はいまいち完璧な使用感を期待できません。

なかでもエクセルはただ拡大縮小表示したいだけでも思うように動かないんです。

ほかにもドラッグやコピペする動作が反応がいまいち鈍いので普段ラップトップを使用している方にとってはストレスたまります。

2.第2世代APPLE PENCILが微妙な使い勝手

ワコムなどの製品に比べるとやはりこちらも使用感では負けます。当然と言えば当然ですが…。

APPLE PENCILの値段からしたらもう少し使いやすくてもいいんじゃないの…と思ってしまいます。

3.ウェブサイトのソースが見れない

自社のサイトやブログ、あるいは競合のサイトはどんなソースで構成しているのか…なんて思って調べようとしてもそもそも手段がありません。こればっかりは仕方ないですね。

普段マックブックを使用しているとこちらもストレスたまります。

4.パワーポイントが使いにくい

こちらもマイクロソフトがsurfaceをうりたいのかあまりAPPLEに協力してません…。

パワーポイントくらいサクサク使わせてよ、と思うかもしれませんがやはりそもそもビジネス用途でアイパッドを使うのには無理があるのかもしれませんね。

5.ビジネス用途ではやはり画面が小さい

これもそんなこと求めるなよ、という声が聞こえてきそうですが、MacBookからiPadに切り替えて使用できるのでは…という期待感から購入した筆者としては残念な点なのです。

一日使用していると目が疲れます。

やはりiPadはNETFLIX専用マシンなのかもしれないな、とか思う今日この頃です。

売るならいつがいいか

さて早速売ろうとか思っているそこのあなた、もしかするとやり手ですね(笑)。

売るなら早い方がいいに決まってるじゃないですか。

この記事見ている人でもまだ実機を触ったことすらない人もいるくらいですから、中古市場でも出ている玉数は少ない今が絶好のチャンスです。

 

発売からおおよそ6か月~8か月を過ぎたあたりで確実に下落傾向に入ります。

ですので今でしたらほぼ定価?で売れることも期待できます。

どの手段で売るべきか

 

とはいえメルカリで売るのが昨今の正しい売り方ですが、値段が高騰している今なら買取店も指くわえてみているわけではありません。メルカリで売って手数料引かれた金額と手間を考えると買取店に売るのも賢いやり方なのです。

 

ほんとうに高く売れるお店はこちらでも紹介していますので参考にしてみてくださいね。

 

もちろんブックサプライに任せていただけると期待を裏切らない査定額で歓迎いたしますよ。

 

買取お申込はこちら
買取お申込はこちら

動画&ツイート紹介

こちらはYouTubeでiPadAIR4を買うべきかどうかを検証されています。

参考までに。

 

 

その先を見据えてる…?きわどいツイート。

 

 

iPad Airを売るべき5つの理由~買ってから後悔しないために/iPad Airを売るならブックサプライ総合買取サービスへ。
iPad Air全般を買取強化中です。

iPad Air iPad Airを売るべき5つの理由~買ってから後悔しないために Amazonでのご購入はこちら

今すぐお申込み

買取について

カスタマーサポート