冥闇-小説-

2017.08.09 Wed

 

 

本日のおすすめは☀
小説「冥闇」です。

 

 

あらすじは・・・
リビー・デイは7歳の時に、母とふたりの姉を
斧で切られ、首を絞められ、銃とナイフで惨殺された。

容疑者にあがったのは、当時15歳の兄、ベンだった。
7歳のリビーの証言によりベンは逮捕され終身刑となった。

 

 

それからは荒れた少女時代を送り
31歳になったリビーは無気力で人を寄せ付けず
寄付金だけで生活する暮らしになっていた。

 

 

ある時、有名事件の真相を語り合う「殺人クラブ」に招かねる。
そこで出会ったライルに事件には別の真相があると言われ
リビーは謝礼金を目当てに事件の真相を探る事になる・・・。

 

 

以前にご紹介した「ゴーンガール」の原作者ギリアン・フリン
第二作目の作品となります。
この小説もまた、主人公、第三者といった具合に
あらゆる登場人物の視点からえがかれています。
色んな出来事が交差していき、段々謎が解けていくのが
面白く、惹き込まれ、一気読みでした。

 

 

また、キャラクターの設定も良く
特に主人公がひねくれてて、めっちゃ性格が悪くて(笑)
ギリアン・フリンの小説はどれも人間の汚い部分を
惜しげもなく出している気がします。
それがまた、ハマってしまいます。
偽善ぶる事もなく、人間味が強いというか・・・とにかく好きですね♪

 

 

なので、この小説も事件を基にしたミステリーよりも
ヒューマンドラマの要素の方が魅力的だと思います。

 

 

一番、強烈で印象的だったのがベン(主人公の兄)の事件当時の
恋人ディオンドラです。美人で人気者なんですが、これまた性格が
悪くて・・・。でもどこか惹かれるんですよね。
事件の鍵を握る重要人物です。

 

 

読み終わった後は、なんとなく悲しい気持ちになりました。
でも、どこか心暖まるような、そんな小説でした。

 

 

また、映画化もされており、主人公はシャーリーズ・セロン
ディオンドラはクロエ・グレース・モレッツが演じています。
小説とくらべて見ると、ちょっと残念な気がしました。
映画になると大幅にカットされるので、薄く感じてしまいます。
↑これは著者の感想です。

 

 

でも、シャーリーズ・セロンなど役者さんはよかったです!
ディオンドラ役のクロエ・グレース・モレッツも
いつもの役とは違ってて、新鮮でした!

 

 

長くなりましたが、よかったら小説も映画も
お手に取ってみて下さい♪

 

 

映画は「ダークプレイス」と言います。↓ ↓

また、複数の本・DVDを高価買取対象としております。

お売り頂く際は、是非ブックサプライ宅配買取を
ご利用下さいませ!

査定スタッフがお荷物のご到着をお待ち致しております。

Comments are closed.

4つの手順でラクラクの宅配買取

そんなときは宅配買取で不要な本・DVD・ゲームを売って現金化!

WEBでお申込して下さい。ダンボールがない方には無料でお届けします

ダンボールに詰めた後は佐川急便さんがお荷物を取りに伺います

査定金額に納得頂ければ指定の口座に迅速にお振込みします

宅配買取のココがすごい!

買取可能な商品と買取できない商品

大阪府I様

何枚もある送り状に住所氏名を書かなくても宅急便のドライバーさんが印字されたものを持ってきてくれました。これは助かります。

奈良県Y様

適当な箱がなかったので梱包用のダンボールを3箱送ってもらいました。たくさん入ったので本以外に一気にCDも処分しちゃいました。

東京都O様

これまで大手チェーン店に持ち込んでいたけどどう考えてもこちらの方が高いし、なにより家から一歩も出なくていいので便利です。

※感想には個人差が有ります

お申込・ご相談はお気軽にご連絡下さい!